FC2ブログ
2007 . 06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007 . 08

投資は扇風機!

これで大きくなってね。

20070724-00000015-scn-cn-view-000.jpg



子豚に扇風機、価格高騰でいたれりつくせり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070724-00000015-scn-cn

このところ都会部の消費者を苦しめている豚肉価格の高騰だが、養豚農家にとっては朗報だ。現金収入を増やす絶好のチャンスということで、飼育にも力が入る。

 特に、子豚が生まれたともなれば村中が大喜び。黒龍江ハルビン(哈爾浜)市の農家は、このほど生まれた子豚15匹のために扇風機2台を設置した。元気に夏場を乗り切り、早く大きく育ってもらおうと、わざわざ購入したという。
スポンサーサイト



偉大な作家に捧げる

今なお愛され続けているんですね。

extnews_2007-07-22T173015Z_01_NOOTR_RTRIDSP_2_OUKOE-UK-USA-HEMINGWAY.jpg



ヘミングウェイそっくりさんコンテスト優勝の条件とは……

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081185227177.html

米フロリダで毎年開催されている「ヘミングウェイそっくりさんコンテスト」で、保険外交員のラリー・オースティンさん (64) が優勝した。

コンテストは21日、フロリダ州最南端のキーウエストで開催され、123人が参加した。
フロリダ州パームハーバー出身のオースティンさんは、10回目の挑戦でついに優勝した。

しかし、彼はノーベル賞作家のヘミングウェイと自分には共通点はほとんどないと語っている。
オリーブ色の半ズボン、帽子、ベージュのフィッシングシャツを身につけたオースティンさんは、自分は「生命保険書類の署名」以上のものを執筆したことはない、とジョークを飛ばした。また、「カレイの料理は釣れない」から、ヘミングウェイがしたように漁に出たこともないそうだ。

そっくりさんコンテストは、第27回ヘミングウェイ祭りの一環として行われた。白い口ひげがトレードマークの作家ヘミングウェイは、108年前の7月21日にイリノイ州で生まれた。

ヘミングウェイは1930年代にキーウエストで執筆活動を行い、1954年にノーベル文学賞を受賞した。

コンテストに参加したオーストラリア人のグラハム・グッドフェローさん (54) は、ヘミングウェイとオーストラリア人には重大な共通点があると語っている。
「私たちは共に戦いを好み、酒を好み、そして大いなるハンターなのです」

今回、初参加したフロリダ州シャリマーの獣医フィル・ブルマーさんは、25人の決勝戦出場者に選ばれる前に審査員たちにクッキーを渡していた。
「少なくとも5年は出場していないと優勝できないと彼らは教えてくれました」と、彼は語った。

そっくりさんコンテストの他にはヘミングウェイ短編小説コンテストが開催され、カリフォルニア州ロスアルトスのブルース・オーヴァービーさん(47) さんが優勝した。

愛しいフランス、ベルギーは愛せない

フランスの首相になってください。
それしか道はないでしょう。


次期首相は国歌を歌えない!? 証拠映像が話題に ベルギー

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081185228743.html

ベルギーの次期首相イブ・ルテルムがベルギー国歌を覚えていないことが、週末の建国記念日に判明した。

彼はこれ以前に、ベルギーのフランス語人口はフラマン語 (ベルギー公用語のひとつ) を覚えられないか、あるいは学ぶ意志がないと発言し、国民をいらだたせていた。
彼はテレビ局のレポーターにベルギー国歌「ラ・ブラバンソンヌ」を知っているかと問われ、少しだけと答えた。さらに何小節か歌ってみせろと求められると、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を歌いはじめた

フラマン地域の地方行政のトップだったルテルムはベルギー国王によって次期首相に任命されたが、失言でフランス語を話す地域の国民から反感を買っており、すでに厳しい立場に立たされている。