FC2ブログ
2007 . 07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007 . 09

誰にも知られずに失われるところでした

救ったのは廃棄物をあさっていた女性!?
びっくりでしょうね。


中世の十字架像、廃棄物入れの中で見つかる

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081187408635.html

ナチスに奪われたまま行方不明となっていた、約800年前の金メッキを施した十字架像がオーストリアで発見された。この十字架像、廃棄物入れコンテナーの中で見つかったという。

銅とエナメル製の十字架像で、フランスのリモージュで制作されたもの。かつてオーストリアがナチスの支配下にあったころ、ポーランドのアートコレクションの一部として同国に持ち込まれた。

2004年、冬期行楽地のツェルアムゼー(ZELL AM SEE)にある湖付近で、廃棄物入れの中をあさっていた女性が十字架像を発見した。隣人が死亡した直後だったため、廃棄物入れは故人が所有していた物でいっぱいだったという。

「この女性は古い陶器が大好きで、このときも食器を探していて十字架像を見つけたのです。隣人の遺族に像をもらえないか聞いてみたところ、あげると言われたそうです」とザルツブルク警察の広報担当者は話している。

先月、この女性が友人に十字架像を見せたところ、何か特別な物かもしれないから博物館に持って行った方がいいと言われたという。

第二次世界大戦の準備が進んでいた頃、ワルシャワに住んでいた十字架像のオーナーは、自宅の地下室に他の物品と一緒にこの像を隠した。

しかし1941年にナチスがこれらを発見、最初はポーランド国立博物館に持ち込まれたが、その後、ツェルアムゼー近郊の町、「Bruck an der Grossglocknerstrasse」にある城に保管場所が移されたという。

「それからこの十字架像がどうなったのかは分かりません。どのようにしてツェルアムゼーに持ち込まれたのか、それも分かりません」と広報担当者はコメント。

競売に出品された場合、十字架像の値段は最高40万ユーロ(約6079万円)となる可能性があるという。

スポンサーサイト



飲酒運転に陸も海もない!

ボートに乗ろうが飲酒で運転はだめですよね。
事故を減らすためにやってるのですから・・・。


ヨットの飲酒運転、これから厳しく取り締まりが行われるか?

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081187488209.html

スペインのリゾート地では、パーティーでお酒を飲んだ後、飲酒運転で捕まるのを避けるためにヨットで自宅に帰る人がいるため、ヨットのオーナーに対して今後は飲酒検知器による検査が行われる可能性がある。

ムルシア地方当局によると、飲酒が原因の船舶事故が今夏は増加しており、一名が衝突事故で死亡しているという。

「大量のお酒を飲んだ人は、船の運転をやめてもらいたいだけです。一部ボート所有者は、飲酒後に車ではなくヨットで自宅へ帰っているのです」と地方関係者はコメントしている。

英国やオランダの2倍となっている交通事故死亡率を引き下げるため、スペインの警察は厳しく飲酒運転を取り締まっている。

服で空調!?

こんな時代になりました。


着るだけで涼しい空調服はいかが?

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081187488301.html

自冷衣服なんてサイエンスフィクションの世界に登場するアイテムみたいだが、日本の企業がそれを開発、ビジネス面での利益を期待するだけでなく、環境にも優しい服だとして販売している。

空調服と呼ばれるもので、小型エアコンの約50分の1のエネルギーで、着ている人を快適にすることができる、と同社の市ヶ谷社長は語る。

「これまではエアコンで部屋全体を涼しくしていました。しかし現在、自分の体だけを涼しくすることができるようになりました」と市ヶ谷氏。

背面に充電式小型バッテリーで動く2基のファンを搭載、服内の空気を循環させ、汗を蒸発させて内部の温度を低く保つ。湿度の高い日本の夏にはピッタリのアイテムとなっている。

空調服は全部で10種類、様々なカラーが用意されており、値段は一着11000円。一部小売店とインターネットで販売されている。

3年前に販売をスタートさせてから、これまでに約5500着が売れ、購入者の多くは工場などで働く人だという。

しかしちょっと気になる点もある。ファンを動かすと服全体がふくれあがり、一見太った人に見えてしまうことだ。「このため、娘が空調服を着てくれません」と市ヶ谷社長は話した。