FC2ブログ
2007 . 07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007 . 09

こいつはデリケートな問題だ。

麻薬犬がすり替えられるなんてどういうこと?
何もされてなければいいですが・・・・

extnews_2007-08-28T215348Z_01_NOOTR_RTRIDSP_2_ODD-MEXICO-DOG-DC.jpg



エリート麻薬探知犬、空港で盗まれる メキシコ

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081188331693.html

メキシコの優秀な麻薬探知犬が移送途中の空港で何者かに盗まれ、雑種の子犬に入れ替わっていた。

盗まれたレックス4世はベルジアン・マリノア種で、訓練を受けた優秀な麻薬探知犬。他の7匹の警察犬と共に、メキシコシティの空港から北部シナロア州での任務に向かうところだった。

しかし、犬たちがシナロア州のマサトラン空港に到着したとき、警察はレックス4世の檻に黒い雑種の子犬が入っているのを発見した。レックス4世の姿は消えていた。

治安省の報道官は26日、「17年間で、このような事件は一度もありませんでした。これはかなりデリケートな問題です」とロイターに語った。また、密輸業者がドラッグを隠す新しい方法を見つけるのに、麻薬探知犬が悪用されることが憂慮されているという。

「諜報員を誘拐されたようなものです」と、彼は言った。

航空会社の職員は、警察官を装った男性が空港のカウンターに現れ、レックス4世の体調が悪いので子犬と交換したいと告げたと証言している。

レックス4世は2001年、南米のコカインその他のドラッグを合衆国に密輸する麻薬カルテル対策の一環として、メキシコで設立された特別警察犬部隊の一員だ。

フェリペ・カルデロン大統領は12月の就任以来、麻薬カルテル間の抗争で毎週何十人もが死亡しているメキシコ北部および西部に何千人もの警官および兵士を送っている。

※その後、レックス4世がメキシコ市の公園内に置き去りにされているのが発見された
スポンサーサイト