FC2ブログ
2007 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007 . 11

快適な睡眠の追及

睡眠欲ははずせませんね。
快適な眠りwを求める人は多いのですね。


「眠りのコンシェルジュ」が安眠を保証する高級ホテル ニューヨーク

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191987738.html

ニューヨークのミッドタウンにあるホテル「ザ・ベンジャミン」は、顧客の安眠を保証するために「眠りのコンシェルジュ」の役職を設けている。

「この仕事をはじめて以来、眠りについて多くのことを学びました」と、4ヶ月前にこの役職についたアニヤ・オレンスカさんは言う。「できることはたくさんあります」

このホテルが「眠りのコンシェルジュ」の役職を用意したのは数年前のこと。このホテルのために特別に製造されたマットレスを提供したり、何十種類もの枕を用意したりと、大真面目に使命に取り組んでいる。スピーカーやiPodの差し込み口が組み込まれている枕などもある。

宿泊客は就寝前のマッサージや軽食を楽しむこともできる。ただし、追加料金を払えばの話だが。
「私たちは、睡眠や快適さについて、たくさんのリサーチをしました」とオレンスカさんは語る。
「製品を販売するには、自分自身で体験しなければなりません」

このホテルは、もし宿泊客が自宅と同じように快適に眠ることができなかったら、宿泊料を無料にすると約束している。値段は季節、曜日と部屋の種類によって異なるが、一泊数百ドルだ。オレンスカさんがこの職に就いて以来、払い戻しを要求した人はいないという。

それどころか、好意的なリアクションのほうがはるかに多い。オレンスカさんが接客したある女性客の場合、彼女は激しくいびきをかく夫に悩んでいたが、ホテルで使用している枕がいびきを鎮めるのにとても効果的だったので、枕を購入して家に持ち帰りたいと希望したそうだ。
スポンサーサイト