FC2ブログ
2020 . 04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020 . 06

現代版ねずみ小僧か?

まさか盗んだ金じゃないよね。


謎!トイレに1万円入り封筒 青森、秋田など県庁や市役所

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000002-khk-soci

 青森、秋田、埼玉各県の県庁や市役所のトイレに、6月21日から7月5日にかけて、現金1万円と手紙が入った封筒や包みが計65個置かれていたことが10日、分かった。手紙にはいずれも「同封の遺産金1万円を修業の糧としてお役立て下さい」などと毛筆で書かれ、同一人物が置いていったとみられる。各警察署が拾得物として保管しているが、「誰が、何の目的で」「奇特な人の善意なのか、はたまた犯罪絡みの金か」と、謎が深まるばかりだ。

 青森県では県庁と青森市役所で6月21日、白い封筒がそれぞれ9個見つかった。県庁では午前10時ごろ、東棟1階にあるトイレの手洗い場に封筒が置いてあるのを職員が発見。青森市役所では午前10時20分ごろ、本庁舎1階トイレで見つかった。

 封筒の表紙には「報謝」と記載され、中には1万円と、「本日御来場の貴殿へ」で始まり「合掌」で終わるB5判の手紙が入っていた。

 秋田県庁では、今月3日午前10時40分ごろ、県庁1階男子トイレの洗面台に現金1万円と手紙が入った和紙の包み9個が、一枚の紙にくるまれた状態で置いてあった。市役所の1階男子トイレでも同じころ、同様の包みが9個発見された。

 包みの表には「報謝一人一封」と書かれていた。1万円は、新札ではないという。
 埼玉県では5日、やはり県庁とさいたま市役所、川口市役所のトイレで、同様の包みが計29個見つかった。川口市では同日午前11時半ごろの清掃時にはなく、正午ごろまでの約30分間に置かれたとみられるという。

 各自治体は「事務的に処理するしかない」「なぜ、うちのトイレに置いていったのか」などと困惑。秋田中央署は「窃盗など別な犯罪に関係する金の可能性もある。誰がどのような趣旨で置いたのか、注意したい」と話している。
 警察によると、6カ月たっても持ち主が見つからない場合は、発見者に渡されるか、自治体の歳入になるという。
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tokyo24.blog108.fc2.com/tb.php/26-55d6c674