FC2ブログ
2020 . 01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 » 2020 . 03

偉大な作家に捧げる

今なお愛され続けているんですね。

extnews_2007-07-22T173015Z_01_NOOTR_RTRIDSP_2_OUKOE-UK-USA-HEMINGWAY.jpg



ヘミングウェイそっくりさんコンテスト優勝の条件とは……

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081185227177.html

米フロリダで毎年開催されている「ヘミングウェイそっくりさんコンテスト」で、保険外交員のラリー・オースティンさん (64) が優勝した。

コンテストは21日、フロリダ州最南端のキーウエストで開催され、123人が参加した。
フロリダ州パームハーバー出身のオースティンさんは、10回目の挑戦でついに優勝した。

しかし、彼はノーベル賞作家のヘミングウェイと自分には共通点はほとんどないと語っている。
オリーブ色の半ズボン、帽子、ベージュのフィッシングシャツを身につけたオースティンさんは、自分は「生命保険書類の署名」以上のものを執筆したことはない、とジョークを飛ばした。また、「カレイの料理は釣れない」から、ヘミングウェイがしたように漁に出たこともないそうだ。

そっくりさんコンテストは、第27回ヘミングウェイ祭りの一環として行われた。白い口ひげがトレードマークの作家ヘミングウェイは、108年前の7月21日にイリノイ州で生まれた。

ヘミングウェイは1930年代にキーウエストで執筆活動を行い、1954年にノーベル文学賞を受賞した。

コンテストに参加したオーストラリア人のグラハム・グッドフェローさん (54) は、ヘミングウェイとオーストラリア人には重大な共通点があると語っている。
「私たちは共に戦いを好み、酒を好み、そして大いなるハンターなのです」

今回、初参加したフロリダ州シャリマーの獣医フィル・ブルマーさんは、25人の決勝戦出場者に選ばれる前に審査員たちにクッキーを渡していた。
「少なくとも5年は出場していないと優勝できないと彼らは教えてくれました」と、彼は語った。

そっくりさんコンテストの他にはヘミングウェイ短編小説コンテストが開催され、カリフォルニア州ロスアルトスのブルース・オーヴァービーさん(47) さんが優勝した。
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tokyo24.blog108.fc2.com/tb.php/67-08f35ce4