FC2ブログ
2020 . 04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020 . 06

報道も大変だ!

いきなりお尻をつねられたらどうします?
レポーターも大変な仕事ですね。


生放送中に女性レポーターのお尻をつねった男に警告処分

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081186277518.html

ニュース番組の生放送中、被災地を訪れていた女性レポーターのお尻をつねった男性に対して警察が警告を与えた。

チャンネル4のニュース中継で、レポーターのスー・タートンさんは先週洪水が発生したオックスフォードを訪れていた。生放送で現場の状況などを報告していたところ、付近をブラブラと歩いていたルーファス・バーデットが彼女に近づき、お尻をつねった。これについてタートンさんは、「屈辱的なこと」とコメントしている。

お尻をつねられたタートンさんは一瞬取り乱したが、冷静さを取り戻してレポートを終えた。

YouTubeに動画がアップされ、その閲覧数は約50万回となっている。

警察当局は動画からバーデットの身元の割り出しに成功、公序良俗に反する行為として罰金80ポンド(約1万9000円)の支払いを要求することも考えられたが、今回は警告を与えるにとどまった。

タートンさんは告発するつもりはないと警察に話した上で、「大変屈辱的なことでした。洪水被害で苦況に立っている人々に失礼ではないでしょうか」と述べたという。

英国ではここ60年間で最悪の洪水被害と言われており、少なくとも9名が死亡、多くの家や作物が被害にあった。保険会社によると、被害総額は約30億ポンド(約7273億6000万円)とされている。

タートンさんはさらに、お尻をつねるという行為は“性差による偏向”では、と語る。

「男性レポーターがお尻をさわられることはないでしょう。私と同じ職業の女性たちは、男性と同等の尊重を期待してはだめなのでしょうか?」
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tokyo24.blog108.fc2.com/tb.php/88-cafd3274